病院医師と病院薬剤師の連携強化というニュースに関して

近年、チーム医療という言葉が強く意識されるようになっています。もちろん、それは当然のことであり、従来から病院では行われていたことでは有りますがさらに情報の共有化や他の医療機関との交流など幅広い意味として用いられています。
特に最近は医師と看護師という連携のみならず薬剤師や事務の流れなどの連携も含めて見直しが多く図られているようです。下記のニュースにあるように、神戸市立医療センターでは病院に来院前の時点から薬剤師との面接や説明の時間を多く設けることで薬に対するカウンセリングや常用薬の整理を行っています。

これは基本的なことと思えるかもしれませんが、なかなか画期的な取り組みだと思います。基本的に院内薬局は医師と強く連携を取ることが難しい場合が多いです。特に大きな病院になればなるほど、それは言えると思います。総合病院になるとフロアが違ったり管理が違ったりとその傾向は顕著になるでしょう。
そのために、院内全体で患者の薬の管理を行うことで複数の処方を同時に行う際などに効果的と言えます。
また、他の病院から移ってきた際にも、以前どのような薬を服用して効果があったか、なかったか、現在どのような薬を用いているか、知ることが出来ます。

普段生活していてもお年寄りが薬を大量に持ち歩いて本当に効果があるのかわからないけれど服用しているというケースを見ることがあります。
きちんとカウンセリングをする、病院の先生との確認を行うという基本的なことですが、薬剤師としてもきっちり行っていきたいことです。

参考:チーム医療で活躍する病院薬剤師CBNEWS

薬剤師転職のコツ

  • ①求人サイト比較

    採点や口コミ評価の高い5サイトを比較。エリアや条件、サポート体制などからご希望にあった転職サイトを選びましょう。

  • ②会員登録をする

    転職サイトが決まったらまずは無料の会員登録をします。同じ職場でもサイトにより条件が違うので2サイト以上登録することが成功のコツです。

  • ③検索、紹介を受ける

    登録が終わるとすぐ、あなたの希望の条件を相談、検索することが可能です。自分の望む良い職場を見つけましょう。

ページトップへ戻る