病院薬剤師の就業環境

tokusyuukai

 

病院での薬剤師の主な役割は薬の在庫管理と袋詰めです。雨の日も雪の日も晴れの日も、来る日も来る日も処方箋を見ては薬品棚から薬を取り出し袋に詰めるの繰り返しです。患者様の為に心を込めて薬の袋詰めをする薬剤師は病院においていなくてはならない存在です。また、医薬分業が進む昨今は病院薬剤師の業務が病棟中心に移行したことで、患者との接触も増えてやり甲斐も増していく事でしょう。

 
 
病院内での薬剤の立場
 
巨大掲示板2ちゃんねるの書き込みでは以下のようにまとめられています。病院によっても違うと思いますがおおよそあっているのではないでしょうか。
 
理事長>院長>副院長>事務長>医師部長>医長>医師>看護部長>看護師>コメディカル(薬剤科・検査科・放射線科・栄養科・リハビリ科・カウンセリング)

 
 
医薬分業とは?
 
医薬分業とは診察は病院で医師が行い、調剤は医師の書いた処方箋に基づき薬剤師が行うという役割分担を行う事です。医薬分業によって「早く正確な調剤」「複数病院による薬の組み合わせを管理」などのメリットが生まれます。

 
 
コンビニエンスストアと薬局、どっちの数が多いか?
 
正解はなんと薬局。
コンビニ 46,134店(2012年8月 日本フランチャイズチェーン店協会調べ)
薬局   53,001カ所です。(2011年3月 厚生労働省調べ)

薬剤師転職のコツ

  • ①求人サイト比較

    採点や口コミ評価の高い5サイトを比較。エリアや条件、サポート体制などからご希望にあった転職サイトを選びましょう。

  • ②会員登録をする

    転職サイトが決まったらまずは無料の会員登録をします。同じ職場でもサイトにより条件が違うので2サイト以上登録することが成功のコツです。

  • ③検索、紹介を受ける

    登録が終わるとすぐ、あなたの希望の条件を相談、検索することが可能です。自分の望む良い職場を見つけましょう。

ページトップへ戻る