調剤薬局への転職・求人

調剤薬局へ転職するのが向いている人とは?

病院から調剤薬局へ転職した薬剤師が口を揃えて言うのが「人間関係に疲れなくなった」だそうです。病院では医師、看護師、患者、事務と様々な人間と一緒になって仕事をすることになります。関わる人間が多岐に渡ればそれだけ気苦労も増えてしまいます。なので少人数で自分のペースで仕事を進めたいという方には調剤薬局はとてもオススメです。

調剤薬局での求人

地域にもよりますが、現在は大学の薬学部が6年制になったこともあって調剤薬局での求人は引く手あまたと言えます。なので、給料は比較的良いと言われています。きちんとした職場であればボーナスもかなりの額になります!一方で、ドラッグストアの店員や店長は給料は比較的安いです。簡単に比較するならば純粋に、調剤薬局のほうが、給料はいいと言えるでしょう。(もちろん働く条件などによって大きく変わってくるので注意!)
雇用形態としては、人材派遣会社に登録して、派遣として働いている方も多いです。特に、最近の大手調剤薬局チェーンは自前の派遣会社を持っていてそこを通して派遣として雇い、その後正社員として採用するケースも増えてきているようです。
福利厚生は、その会社ごとに違うので、何とも言えませんが、調剤薬局だと、子育て中のお母さんがパートで勤めている方も多いです。

他の薬剤職場と比較してどうなの

病院との比較をします。
病院内の薬局だと、医者に振り回されて、精神的に疲れるそうです。「二度と病院には勤めたくない…」と呟いている方もいらっしゃいました。ただし、それは調剤薬局においても言えることです。
それでも、病院には昔からの風習が多く、院長さんや先輩薬剤師には変わり者が多いというのは事実だと思います。病院の長所としては、場合によっては40代を超えて責任を持つ立場になった時に非常に給料がよくなるということと、例えば自分で独立して調剤薬局を持とうとしたときなどにコネができやすいという点でしょうか。さらに、なにより病院の薬剤師は知識量やハードな対応が期待されるので成長できます。

ドラッグストアの場合は、「長く働かない」「調剤薬局」は嫌だという人は良いのではないのでしょうか。例えば、「調剤薬局よりもう少し色んな人が来るお店で働きたい」、「高い専門知識やスキルの要求される職場は嫌だ」「時間が短いパートとして働きたい」などです。ただし、最近のドラッグストアはコンビニやスーパーにも近い「小売店」としての意味が強くなってきています。薬剤という職業にプライドを持ちすぎていると非常に苦労すると思います。安易に選ばずに評判や条件を比較して評判や条件の良い職場を選びましょう。

働く条件は?

調剤薬局でのお給料は自分で独立される場合はその仕事量に応じて1000万程度までお給料を伸ばせるとは思いますが、通常は、管理薬剤師を務めても600万~700万で頭打ちになります。また、門前であるなら、そこの先生との関係が良好かどうかも重要です。女性の場合は、福利厚生も気になりますよね。残業があるのか、出勤時間はいつからか、また「産休制度があるか」などの条件も気になると思います。ここはお勤めになる薬局次第といったころだと思います。

調剤薬局での薬剤求人の探し方

調剤薬局は大きく分けて2つの求人があります。1つは上記のように自前の派遣システムを持ちサイト上で募集しているケース。もう1つは求人サイト上で募集をかけているケースです。

しかし求人サイトで募集を掛ける場合にも大手〜無名のサイトまであるのでよく選ぶ必要があります。薬剤求人会で非常に評判の悪い「メディカル◯◯」や「薬剤師◯◯Information」「ファーマル◯◯」などの求人サイトは手数料だけ取って求人紹介を一切してくれないので注意しましょう。

当サイトでは調剤薬局の薬剤師さんからの約800件もの投票から評判の良いサイトをピックしています。
求人サイトランキングページ から気になったサイト2つほどに登録して条件の良い薬局に申し込むことをオススメします。

薬剤師転職のコツ

  • ①求人サイト比較

    採点や口コミ評価の高い5サイトを比較。エリアや条件、サポート体制などからご希望にあった転職サイトを選びましょう。

  • ②会員登録をする

    転職サイトが決まったらまずは無料の会員登録をします。同じ職場でもサイトにより条件が違うので2サイト以上登録することが成功のコツです。

  • ③検索、紹介を受ける

    登録が終わるとすぐ、あなたの希望の条件を相談、検索することが可能です。自分の望む良い職場を見つけましょう。

ページトップへ戻る