薬剤師の求人エージェントを利用して賢く転職しよう!

求人エージェントとは?

エージェントを和訳する代理人という意味になります。薬剤師に限らず、世の中に存在する専門職の方が転職する際にはエージェントが条件交渉をするのが一般的です。馴染みのある所ではプロ野球選手の移籍でもエージェントが代理して交渉を行っております。そのような慣習から薬剤師や医師の転職先に条件交渉する人間が所属している会社のことを転職エージェントや求人エージェントと呼ぶようになりました。

キャリアコンサルタントと求人エージェントの違い

キャリアコンサルタントは、求職者に対する転職アドバイスやキャリアアップに繋がる転職先を紹介するために日々奔走している人のことを言います。最近ではキャリアコンサルタントという言葉もだいぶ世間に浸透してキャリコンと略されたりしていますね。求人エージェントとは前章で説明した通り転職支援を行っている会社になりますので、キャリアコンサルタントは基本的に求人エージェントに所属して働いている人間になります。例をあげるとエムスリーキャリアが求人エージェントで、そこで働いて求職者と企業を繋げている人間がキャリアコンサルタントという事になります。

失敗しない求人エージェントの選び方

薬剤師の求人エージェントは人材紹介会社系と調剤薬局系と独立系があります。人材紹介会社系で代表的なのは「リクナビ薬剤師」と「マイナビ薬剤師」です。その他にも「パソナメディカル」や「ヤクステ」などがあります。調剤薬局系は日本調剤グループの運営する「ファルマスタッフ」や総合メディカルグループの運営する「ゴリ薬」などがあります。独立系はエムスリーグループの運営する「薬キャリ」や日本経済新聞社グループの運営する「日経BPキャリア」などがあります。ここで挙げた求人エージェントはどこも質の高いサービスを提供しておりますので失敗したくない場合は登録しておくと良いでしょう。逆に調剤バブルの波にのっかって薬剤師の転職支援をはじめたような求人エージェントは要注意です。新興の求人エージェントは目先の売り上げだけも目標としているケースが多く良質なサービスを提供していないケースが多く見られます。なので求人エージェントを利用する場合はあるていど名の通ったところを利用するようにしましょう。

薬剤師転職のコツ

  • ①求人サイト比較

    採点や口コミ評価の高い5サイトを比較。エリアや条件、サポート体制などからご希望にあった転職サイトを選びましょう。

  • ②会員登録をする

    転職サイトが決まったらまずは無料の会員登録をします。同じ職場でもサイトにより条件が違うので2サイト以上登録することが成功のコツです。

  • ③検索、紹介を受ける

    登録が終わるとすぐ、あなたの希望の条件を相談、検索することが可能です。自分の望む良い職場を見つけましょう。

ページトップへ戻る